歯列矯正治療を行うなら認定医に

歯列矯正治療を行うなら認定医に

歯列矯正は、ほとんどの場合、保険が適用されない治療です。
また矯正をするためには、長期間の治療が必要で、その分料金も嵩んでしまいます。
そして歯列矯正とは、個人の歯の状態によって、どのような治療を行うのが適切か臨機応変に対応しなければいけません。

 

 

 

そのため、歯科医によって全く異なる治療方針を持っています。
つまり何がいいたいのかというと、歯列矯正の治療を行い、治療を行っていく途中で、この歯科医は信用出来ないなというふうに感じたとしても、気軽に転院する事が出来ないのです。

 

他の歯科医が途中まで歯列矯正を行った状態で、そこから全く異なる治療方針の歯科医が治療を引き継ぐという事が不可能だからです。
そのため、最後までキチンと矯正治療を続けられるように、最初の段階で歯科選びが重要となってきます。

 

選び方のポイントは、「日本矯正歯科学会の認定医」を選びましょう。
認定医であるという事は、この歯科医は矯正治療の実力があると認められたという事です。
ちなみに認定医である歯科医は、全体の3%しか存在しません。

 

認定医でなくても、歯科医の免許があれば、矯正治療を行う事は可能です。
ですが、街のお医者さんとして、どの治療も広く浅く対処している歯科医よりも、特定のジャンルに特化した専門医の方が、経験も知識も豊富なはずです。

 

例えば昔は、矯正治療で抜歯をした上で、歯を移動させる矯正が主流でした。
ですが歯を抜く事で、歯の全体的な強度が低下してしまいますから、歯の健康という面から見るとマイナスの要因です。
近年は、抜歯を行わなくても、矯正を行う事は可能になってきています。
歯科医によって、抜歯の有無が変わってくるわけですから、健康な歯を1本でも多く残したいのであれば、優秀な歯科医を選ぶべきです。