金属床総入れ歯とは

金属床総入れ歯とは

総入れ歯を考えている皆さんの中には、どのタイプの入れ歯を選択したらよいかわからないという人もいると思います。
今回は、そんな方々のために総入れ歯の中でもお口の中で違和感を覚えにくい金属床総入れ歯をご紹介します。
 

 

金属床祖入れ歯の特徴は、土台となる床の部分が金属でできているという点です。
金属であることの最大のメリットは、入れ歯が薄くなるという点です。
入れ歯の床部分が薄いということは、入れ歯そのものが小さくなるということを意味します。
入れ歯はお口にとって異物ですから、なるべく小さい方がお口の負担も軽減出来るというわけです。
入れ歯の薄さは喋りやすさにも関わってきます。
口を動かしたときの違和感が少ないため、会話の差異にも明瞭な発音を維持しやすい入れ歯といえます。
幅広い症例に対応可能なので、多くの歯科医院で製作してもらえるという点も見逃せません。
何よりも注目したいのが熱伝導性です。
食事をしたときに、温かいものを温かく、冷たいものを冷たく感じられるというのはお口粘膜が正常に働いているからです。
入れ歯は床によって口の粘膜を覆ってしまうので、食べ物の温度を感じにくくなるのです。
しかし、金属床総入れ歯は食物の熱を伝えやすい性質を持っているため、
入れ歯をしていない状態とほとんど変わることなく温かさや冷たさを感じられるのです。
汚れが付きにくく、清潔な状態を保つ安いというメリットは、長く入れ歯を使っていくうえでも役立つことでしょう。
入れ歯をしていても食事を美味しく食べたいという人は、ぜひ金属床総入れ歯の利用をご検討ください。